水彩画 from いわて | BLOG

水彩画ブログ。東北各地、主に岩手県内の自然や風景を題材とした自作の水彩画を日々アップしています。

       広大な敷地に多くの施設があります。取材中に羊の声、畜舎から数頭顔を出していますが、防疫上の問題もあるので近づかないことにしています。近くに小さな小屋がありました、少し朽ちていますが牧場の歴史を感じ、描くことにしました。牛は放牧されていますが、外に出た羊 ...

       ここより少し下流で台風10号で大きな被害を受けた鼠入(そいり)地区からの流れと合流します。大きな岩壁がそそり立つ場所、上流には流れ着いた岩と流木が残っています。北側なので日中は陽が当たりません、朝早くの光景です。道端に広場もでき木製のベンチが置かれていま ...

       葛巻町の北西、岩手町、一戸町に隣接する位置に広大なくずまき高原牧場があります。交流宿泊施設、地場産品販売、パン工房もあります。  年間を通じ様々なイベントが行われていますが、この日は平日でいたって静か、ゆっくりと画題探し、とは言っても大部分が牧草地。と ...

       種差海岸の一角、これまで気がつかなかったのですが岩の脇に蕗の葉がありました。作者の居住地は山間地ですから蕗は見飽きているのですが、広大な芝生と太平洋に囲まれている景色が新鮮でした。  この後蕪島に行き立派に再建された神社を見るのですが眩しくて描くのは遠 ...

       前々作と同じエリア、大きな砂浜です。流れ込む川と岩で構図を決めました。この浜はウミネコの遊び場でもあります、必ず多くのウミネコがいます、まとまっているのです、蕪島にも、近くの漁港にもたくさんいるので縄張りがあるのかも知れません、中央左に入れました。分か ...

       六月のある日、久慈市からゆっくりと種差海岸へ、平日なので観光客は少なめ。地元の小学生が野外授業(と言っていましたが)、自然を満喫していました。岩場では写真撮影、女性がペットボトルを持って様々なポーズをとっていましたが、なぜペットボトルなのか分かりません ...

       岩手県沿岸部は東日本大震災の復旧と津波対策の防潮堤の建設が進んでいます、同時に砂浜も消失しています。形状にもよるのでしょうが青森県の太平洋側には大きな砂浜が点在します。その一つ、陸地から川がそのまま浜に流れ込んでいます。その一角を切り取りました。「金浜 ...

      このページのトップヘ